Journilist Report(ジャーニリストレポート)

リアルな世界を旅して感じて

初めての旅が不安な君へ。

f:id:cucumundo:20170302165132j:image

 

僕には2つ。

「初めて」と呼べる旅があります。

 

1つは16歳の時。

降りないとダメな駅をスルーして、そのまま田舎の終点まで行った時。

 

この日から、学校へ行かなくなりました。笑

 

もう1つは、18歳の時。

「英語でラップすんねん!」ってバカっぽいシンプルな夢を叶えるため、英語を覚えに初めて故郷フィリピンへ帰った時。

 

未だにラッパーにはなってませんが、

英語は独学で話せるようになりました。笑

 

そして今日まで、それしかやることが無いんじゃないか?ってくらい時間を作っては、ずっと旅を続けて来てます。。。

 

4大陸 27カ国   39都道府県

数字で、旅人としての実績を語るならこんな感じです!もちろん、旅はビジネスじゃないので数字が多いのが良いとは思いませんが。

 

深浅あるけど、少なくとも普通の人よりは広い範囲で国内外の事を知っていることになります!

 

そんな僕ですけど、多分これを見てるあなたと同じ様な不安は今も抱えてます。この不安は、旅慣れても変わらなかったりします。

 

今日は自分が何故、今までの記事とは違う旅のブログを書き出したのかという理由。

 

そして、これを見ている旅へ行こうとしているあなたが、少しでも不安を越えて、海を越えて行けるように不安を解決に導きたい。

 

そして、海外。まわりまわって国内のどこかで、あなたの新しい可能性を見つけて、旅の経験とあなたの力を活かしてくれれば幸いです。

 

 

▼不安は、どうしようもない。

 

ほとんどの人たちは、見えない物を想像してしまい、不安になります。

 

その多くは、見えない未来を勝手にイメージしてしまうことで生まれます。

大体は、

 

「お金が足りなくなったらどうしよう」 

「言葉が通じなかったらどうしよう」

「友達ができなかったらどうしよう」

「得るものがなかったらどうしよう」

 

と言った理由だと思います。

 

「どうしよう」という言葉は、皮肉です。

何故なら、「どうしようもない」からです。

 

ただ、漠然と「どうしよう」だけを考えていたら前には進まない。

 

あなたはせっかく、自分という小さな国から出ようとしたのに、こんな「どうしよう病」のせいで、足踏みをするのはもったいない!

 

行きたい所を決めて、想像して、ワクワクして計画立てる段階でつまずく。

 

じゃあ、どうしたら解決できるんやろ?

そんな時の裏技が、たった1つあります。

 

先に飛行機のチケットを買ってしまうことです。

 

実は、この方法には2つのメリットがあります。

 

1つは、安いチケットを見つけて抑えれる。

2つ目は、メリハリがつく。

 

たった、これだけで

 

不安は100%、一瞬にして

 

なくなります。

 

 自分自身で「行く」という未来を決めてしまえば、「どうしよう」と思うことはなくなります。

 

難しい事を言う気は無いです。ホンマこれだけ笑

 

実はほとんどの人がカジュアルな旅行を楽しむ時って、先にチケットを抑えてる。

 

けどそれは、2、3日とかの短期だから見通しがつくから。

 

けど、長旅ってなるとやっぱり違う。

何があるかわからないと思って、終わりの見えない予想と準備と計画を延々と続ける。そして、その間は常に不安だった。

 

少なくとも、僕はかつてそうだったから。

 

これから旅に出る人には、そんな不安を抱えて、出発前の楽しい時間を無駄にして欲しくない!

 

だから、先に買っておく。チケットは安い内に、早く抑えて未来を決める!

 

そして、未来が決まったらその日までひたすらお金を貯め、目的を決め、ゴールを決め、語学を勉強する!

 

いくらあればいい?どこがいい?どんな単語がいい?

 

多分、言っても参考以上に役に立たないと思います。笑

 

金は多い方が、選択肢を増やせるし

観光地は、行けるだけ行ったらいいし、

語学は、覚えれるだけ覚えたらいいし。

 

こんな当たり前の答えを、初めての旅をするあなたへ言ってもホンマに役に立たない。

 

それよりも、

今まで見たことない世界に圧倒される事を楽しんで下さい!

 

そして、素直に恥ずかしがらずにその場その場を思った通りにすること!

 

もうこれ以上はない。

初めては、難しく考えんように!

 

それでも、不安なら連絡下さい。笑

直接、ラインでもfacebookメッセンジャーでもお話しして解決してやります、その不安!

 

▼与える人生、新しい旅に

今日書いた記事は、初めて旅に行く人で不安で一歩を踏み出せない人へ、向けてできるだけ届けばと思い書きました。

 

ホンマは、こんなグッズがあったらいいとか、お金はこんだけあったらとか。

 

具体的なことを書くべきだと思ったんですけど、さっきも書いたようにあったらあるだけ良い。けど、それって際限がない。

 

余計に不安を煽りかねない。だったらもう、チケット買えと。そうすれば、本当に不安どころじゃなくなる。進もうとする。そんな小さな成長を楽しんでほしいと思い、記事にしました。

 

 

実は最近、僕は旅自体に何も目的を見出せなくなっていました。というより、人生自体に目的が見出せなくなってきた。ほんの少し前まで、キラキラした明確な夢や、希望みたいなのがあったのに。

 

たった1つの小さな失敗が、自分の人生に目的がないことを露呈させました。逃げるための旅とか自分探しの旅をしようにも、もはや旅にすら義務的に感じるようになりました。大好きな旅なのに。しんどいですよね、こんな旅。笑

 

誰かの視線を気にした旅にもなってきた。やっぱり、人より多く色んな場所へ行くと声をかけてもらえる。次はどこへ?とか。

 

個人的に、たくさんの事を今までの学んで来ました。語学、ビジネス、政治やインテリア。旅をしながらたくさんの刺激を得て、色んなアイディアも生まれたけど、膨れて溜まってきた。

 

欲張りで、色んなことも溜まり混乱してたそんな時、ある本を手に取りまして、そこにはこう書かれていました。

 

教えよ、さすれば与えられん。

 

欲しいものは、先に与えなさい。

そうすれば、周り巡って自分へと帰って来ると。

 

すごく、腑に落ちました。

勉強したこと、溜まったアイディアや、やりたいことも全部捨てる代わりに、誰かにあげよう。役に立てれるやん。

 

よし、これを次の目的にしようと。

 

そして、素直になろうと思いました。

 

その後、逃げるように敬遠していた友人達に声をかけて、アドバイスを求めました。

 

「なら、まずは過去の話で良いから伝えたらええやん!」

 

と。自分の見た世界や話が、誰かの役に立つかもしれない。だったらそうしよう!

 

 

 

というのが、今回のこの記事を書くキッカケだったわけです。長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

親友達、ホンマにありがとう。

 

最後に、僕は来年の5月を目処に最後のバックパッカーの旅として中東、アフリカへ行きます。前から言っていたんですが、明確な答えが出たので日程も明確にします。その後はどうなるかはわかりません。けど、旅のゴールみたいなのはここなので、終わらせて25歳を終了したい。

 

その後は、わかりません。

本格的な起業をするかもしれませんし、何か今は縁すらないような事をしてるかもしれません。ですが、最初の旅から僕のフィールドは世界です。

 

 

年内は、国内を周ります。

チャリかバイクかで今迷っていますが、国内も与える旅をしたいと思います。具体的に何をやるかはまだ決まってません。2-3カ月でチケットじゃないけどチャリかバイクを購入します。

 

 

 与える旅、すごく楽しみです。