Journilist Report(ジャーニリストレポート)

リアルな世界を旅して感じて

曽爾高原を絶対に後悔しないで楽しむ方法

f:id:cucumundo:20161113001703j:image

どうもです、パトリックです。

今日は旅人な気分なので、旅についての記事を書きたいと思います笑  

 

あ、この写真はネットから拝借したものなので悪しからず笑 自分で撮ったのは最後にまとめて上げます。

 

最近は真面目な記事が多いんですけど、やっぱ色んなこと書かないと飽きるんですよね…。

 

もともとは、思ったことを言うために始めたブログなのでそこも含めて好きになってくれると嬉しいっす!

 

ってことで、改めて、

今日は「秘境の旅」についての記事を書いていこうと思います。

 

最近はよく国内を旅するので、ネットでも話題の「秘境」に訪れることもあるんですけど、調べると基本ええことしか書いてないんですよね。笑  

 

良い写真載せて、ひたすら「ここ良いんやで」って感じで。もちろん良い所に変わりないんですけど、変に期待して行った人や行き当たりバッタリで行く人って結構後悔するんじゃないかな?って思っちゃって。

 

そんな問題を無くそうという気紛れから、今日は近畿地方奈良県を代表する秘境「曽爾高原」の紹介と注意点をお届けします。

 

ハッキリ言って。

秘境に行くのは、時間も労力も要る。

 

僕みたいなよくわからないバックパッカーなら「そこに至るプロセスこそ旅!」とか言えるから良いんですけど、普通に仕事して大事な休みに時間作って、結局後悔するって普通嫌ですよね?笑

 

 だからこそ、事前に無駄のない計画を立てて旅を送って欲しいです!

 

曽爾高原ってどこ?

f:id:cucumundo:20161111183608j:image

関西地方以外に住まわれてる方や、住んでるけど知らない方へ。

 

以前、テレビなどで取り上げられてから有名になったこの場所。名前を聞いたことがない人も少なくないとは思うのですが一体どこにあるんだと。

 

 f:id:cucumundo:20161111192121p:image

地図で言えばここ。

奈良と三重の県境で、奈良県宇陀郡曽爾村という所に属しています。公共機関では正直アクセスが悪く、車で行かれる方がほとんどです。

 

後述するんですけど、この車でしか行けないというのがなかなか迷惑な事態を引き起こしてくれてるんですね…笑

 

 

☆曽爾高原の見どころ

では、何故そこまで有名になったのか?という事なんですが、ネットよりこちらの写真を拝借してきました。

  

f:id:cucumundo:20161113002137j:image

 

メッチャ綺麗でしょ?

この高原いっぱいに広がるススキが、夕陽に照らされて幻想的な景色が生まれる。

 

そして、有名になっちゃんたんですね。泣 

 

9月下旬〜11月中旬頃までがシーズンです!

撮影に適した時間は、

・9月〜10月中旬/18:00〜19:00頃

・10月中旬〜11月中旬/16:30〜17:30頃

 

実はこの情報、他の観光サイトでも公開されている情報なんですが、このありがたい情報のせいで、実はすごく厄介な事が起こってるんです。笑

 

 

曽爾高原で気をつけたいこと

ではここで、自分の失敗の経験から得た曽爾高原行くなら気をつけたいことまとめました。

 

 

・車で曽爾高原へ来こられる方への注意点

先述しましたが、曽爾高原へのアクセスは車以外だととても不便です。そうすると、当然観光で来られる方は車で来ますよね? そして当然、見頃の時間に来ようとする人が多くなります。

 

すると

とんでもない渋滞が、高原前の駐車場にズラリと発生するんです。

 

いやー、びっくりしましたよ?笑

秘境やし誰も来ないやろうとか、遠いとこだからとか全く関係なしっ‼︎ 

 

三重からや大阪からや、遠いとこは神奈川のナンバーまで。

 

高原近くの駐車場に着くまでまで1時間ほどかかりました。もちろん、しっかり日が沈んでしまいました。

 

んで、高原に近いこの駐車場なんですけ600円します。(時間無制限なんですけど)

 

僕ら滞在時間30分以内ですよ?笑

てか、曽爾高原って1時間もおる必要ないんせ足元見られてるんですよ。

 

大阪市内の駐車場でももう少し良心的な値段ですぜ?

 

現地の人に話しを聞くと、土日平日関係なくこの様子だそうで大変人気だそうですよ。

 

じゃあ、どうすれば損せずに綺麗な景色を見れるのか?それは

 

  1. 少し早めの時間に来る
  2. 駐車場ではなく、登る途中の路肩に駐車

 

現地に行けばわかるのですが、上まで行かずに途中の路肩に駐車してる人多いです。これは

ルール違反とかではないので安心して下さい。笑

 

途中の路肩に止めて、そこから少し上まで登る必要があるのですが、それが少し距離があるので余裕を持って来てください。

 

僕みたいに、バカ正直に登って絶景を逃すか、

少ししんどい思いして、絶景を収めるかです。

 

 

その次が

ライトアップについて

曽爾高原では、夜に来た方へライトアップによるプロモーションを行っていますがこのライトアップ、

 

皆さんがイメージしてるライトアップとは違います。

 

f:id:cucumundo:20161113004200j:image

これがそのライトアップアップなんですが、懐中電灯レベルでしか周りを照らせてないので、ビルのライトアップアップみたいなメッチャ明るく綺麗になるとかではありません!

 

夜の散歩コースとしては、情緒があって良いんですけど、ススキの違った絶景を期待してるならやめた方が良いです。笑

 

 

最後が

装備品について。

え、装備品って?ってなる人もいると思うんです。自分もびっくりしたんですが、周りを見てると中にはヘッドライトを装備してる人がチラチラといるんですね。笑

 

そう。

夜の曽爾高原は、メッチャ真っ暗なんです。

 

とは言え、先ほどお伝えしたライトアップの行灯があるので目の前が全く見えないことはないんですが。だから、この装備に関してはお任せします。笑q

 

 

まとめ

f:id:cucumundo:20161113012058j:image

結論をいうと。

夜ではなく、朝か夕方の見所の時間より早めに来る。そして車は駐車場でなく、途中の道へ止めてればお金をかけずに絶景に会える!

 

です。笑

 

秘境って、ネットに上がった途端にもう秘境じゃなくるんですよね。非常に残念ではあるんですが、同時に現地の人たちは潤ったりするし、やっぱ色んな人に絶景を見てもらいたいって気持ちはあるので凄い複雑です。

 

せめて、これ見た人には後悔せずに旅を。そしてそこで見れる世界を大いに楽しんでもらいたいです!

 

 

f:id:cucumundo:20161113012027j:image

到着したらこんなに暗く…

 

f:id:cucumundo:20161113012043j:image

それでも必死に撮る。笑

 

f:id:cucumundo:20161113012143j:image

噂のライトアップです。

 

 

以上。