Journilist Report(ジャーニリストレポート)

リアルな世界を旅して感じて

あのス●スホテルが安くなる?!/旅はこうするもんや!旅のローコスト・ハイリターン その②

f:id:cucumundo:20161021195549j:image

 

こんばんは!

週始めの湿気と暑さと打って変わって、今日はカラッとしてしかも寒かったですよね?

 

三寒四温というのか、個人的にはとにかく暑くても良いからカラッとしてて欲しい。

 

今日はこの前の続きで、旅の

「ハイコスト・メッチャハイリターン」

をお届けします♩ 

 

と言っても、ほとんどビンボー旅の僕。

お金をかけて贅沢した旅は限られているので今日の記事は短くなっちゃうかもです笑

 

 

▼ハイコスト・メッチャハイリターン

 f:id:cucumundo:20161021172322j:image

お金に余裕がありすぎて、逆にどんなプランで行こうか迷ってるってことは無いですか?

 

なんて羨ましい。笑

 

そんな時は、いっそ1番高い物で使い切ってしまいましょう!

 

とはいえ、適当なパッケージツアーとかはダメ。中には大手の旅行会社に依頼したのに

 

ホテルに荷物が届いてない

とか

部屋が予約されてなかった

とか。終いには、

そのツアーで行くべき目的の場所を、遠くから眺めただけ。

とか笑

(僕の知り合いのケースです)

 

高い金払って、時間も自由も拘束されて

面倒が増えただけ

 

なんて、ざらにいます笑

使い方にはコツがあるんです。

 

今の時代、好きなものは自分で選んで買えるんです。それは旅行という買い物も例外じゃない。

 

実は自分で、選んだ方が意外と安く付く場合がある。

 

余ったお金は飛び切り贅沢。

贅沢な時間へ回しましょう!

 

かけるべきとこにかければ、今日のタイトル

ハイコスト・メッチャハイリターン

になります笑

 

今日は、お金を使うべき所とそうでないところ。それを僕のエピソードを交えてお伝えします♩

 

 

▼その①:ホテル

f:id:cucumundo:20161021172720j:image

パト『あぁ、俺?

あるよ、泊まったこと。

四つ星を3回程 

感想?うーん、まぁまぁかな?

まぁ、なんていうか。肌に合わないんだよね。

俺はどっちかって言うと庶民派だからねー、うん。』

 

普段ビンボーな彼がここまで調子に乗るのには訳がある。

 

ちなみに、

フィリピンのセブで一回。

タイのバンコクで一回。

イタリアのローマで一回。

 

贅沢な食事が付いてるとこもありました❤️

 

イタリアに関して言えば、日本と物価もさほど変わらない。しかし何故泊まれたのか…?

 

あのビンボーバックパッカーが。

 

さて、かけるべき所はお金をかける。

その①は、ホテルです。

 

ビンボー旅が多い俺で、旅中のほとんどを野宿(望んではないが)かバックパッカー(激安宿)で過ごしている。

 

それに関しての詳細はここから⇩

旅はこうするもんや!/ローコスト・ハイリターンは旅だけ - パトブロ。頭の中の世界に住む、旅人のブログ@現実に里帰り

 

 

さて、高いホテルの朝晩の感じる時間が全く違う。

 

リラックス、ノビノービ。

快適、愉悦うぅうううううっ‼︎

 

ここから1日という旅行が始まると言っても過言じゃない!

そんな大事な所なんです。

 

経験上、フワフワのベットで寝ようと思えば

最低でも平均で5000円位払わないとダメ。ビジネスホテルでそれくらいです。

 

が、せっかくお金に余裕があるならそれなりのいい所で泊まりたい!今日の話は

ハイコスト・メッチャハイリターン

 

だからお金をかけよう!

 

そうすると、急に跳ね上がる。

ヒ◯トンとか

ス◯スとか

マリ◯ットとか。

 

ちなみにこのス◯スホテル。

大阪なら、

1人で1泊50000円近くする

 

アホか。笑

例えば、普通に金があってももったいない。

じゃあ安いホテルに変えるか?

って話になるとそれはもうこの話をする意味がなくなっちゃう。

 

 同じホテルでも安い方がいいでしょ?

f:id:cucumundo:20161021230656p:image

f:id:cucumundo:20161021182542p:image

(1人で1泊の場合)

 

どう?

胡散臭いサイトや伝手使わんでもこの値段。

 

メッチャ強いて言うなら

自分で予約せなアカンとこが欠点。

 

 それがこのサイト!

国内も海外も!ホテル・旅館の予約はBooking.com

 

実は、この手のサイトはたくさんありますがあえてこのサイトをオススメする理由は初心者でも使いやすい!

 

そして以下の三つが魅力。

 

  • 値段が安定している
  • 予約しやすい
  • 高い星のホテルがたくさんある

 

僕は面倒くさがりなのでこれにしてます。

一度アカウント登録すれば次からは、入力作業も省ける。

 

到着したら、届いたメールの画面を見せるだけ。余裕でしょ?笑

 

 

何よりビンボーな俺がそんな所に正規の値段で泊まる事はしたくないので、たまの贅沢をこういう手段で経験します笑

 

絶対必要でしかもコストのかかるホテル。

同じ良いホテルなら安く泊まれる方が良い。

 

浮いたお金は、さらなるハイリターン

 

 

 ▼その②:お飯様に。

f:id:cucumundo:20161021184729j:image

さっきトップでも使ったこの写真。

カリーブルスト(カレーソースかかったソーセージ)とビール。

 

ドイツ名物のこれ。めっさ高いんすわ。

 

€20(20ユーロ)

日本円で2400円位です。(€1=¥120だった時)

 

 この激ウマが、3000円近く!

 

 海外での外食は決して安くないんです。

特にヨーロツパ。笑 

 

気分で乗り切ったけど、財布はわりとピンチを迎える。

 

ちなみに、弁当にして電車に持ち込む徹底ぶり。それくらい美味いねん。

 

 

その②はお飯様!

とはいえ、さっきのように安くなるサイトはないです笑 

 

が、安く抑えれて美味しく食べれる方法はあります!

 

が少し勇気が要ります。。

 

 さっき紹介したカリーブルスト。

f:id:cucumundo:20161021192032j:image

あれを食べたのはハンブルク駅という場所の中で買ったもの。人がメッチャ多い場所。

 

ハンブルクはドイツで2番目に大きい街。

そういう場所は、だいたい物価が高い。

 

けど、これもホテルと似た方法で解決。

場所が変われば、同じものも安くなるんや!

 

とはいえ、少し勇気はいる。笑

 

話はイタリアの旅中。

親友と食べたピザ。それぞれ違う場所で食べたもの。

 

一つがローマの中心で食べたピザ。

 f:id:cucumundo:20161021192012j:image 

人が多く、賑わいを見せるレストラン。

入りやすく、英語に対応。

 

頼んだメニューはピザとボロネーゼ。

値段は2人で€60近く。

 

日本で食べれる味。

デリバリーのピザの味。インスタントの味

 

店員さんは、都会的で仕事ですよな対応。

 

 

一方こっちは、ミラノ市内のかなりローカルなレストランで食べたピザ。

f:id:cucumundo:20161021191943j:image

 同じく、ピザとボロネーゼ。

値段は2人で、€40

 

地元の人しかおらず、一見入りにくい。

入ると案の定、カタコトの英語にイタリア語のメニュー

 

値段だけでも€20も安くなる。

けどね。ここからが本当の違いなんです

 

ここのピザ。チーズが付いて来る。

離しても、離しても、離しても!

 

俺を愛してくれる。

ずっと付いてくるんです。

 

今まで食べた事ない感覚のピザ。

味は若干薄味。やのに薄さを感じない力強さがある。

 

このピザ。

ワインと一緒に口に含むと本気出します。

 

もう一つが店員さん。

つたない英語で話す。陽気さが言葉の壁を越える。

 

まるで俺らがイタリア人かのように対応してくれる。

 

しかも、俺のワガママを聞いてくれる。

 

ボロネーゼのパスタがない。

そう言われて、ガッカリしてる俺の前に

 

ボロネーゼのパスタ。

 

え、え、ええええええ?

 

女子顔負けの驚きの表現。

(心の中やけど)

 

即席で作ってくれるサービスの良さ。

何よりイタリア人の人の良さ。

 

実はこの後に、ローマのレストランに行ってるのでローマはガッカリだったんです笑

 

以降は、言葉はわからなくてもローカルで飯を食うようにしてます。だって安いしメッチャ美味いもん。

 

さて、ここまで思い出話が楽しすぎて自分の話をし過ぎたので笑

 

レストランの見つけ方のコツをまとめます。

 

  • 観光客が溢れてない
  • 現地語しか無理なとこ
  • 地味で入りにくいとこ

 

なかなか勇気が要るでしょ?笑

 

けど安く同じもの食べるなら、ツアーで行くより自分でこんなとこ行った方がいい。

 

何よりワクワクして思い出になる!

 

しかも、バックパッカーと違うのは

ある程度値段が高くても軽く入れるとこ。

 

羨ましい。泣

 

 

▼結局

うん。この2つしかなかったな笑

だからエピソードも少ないし、大した書けてないかも。。

 

飛行機の話とか、行くべき現地ツアーとかあるんですけど。

 

飛行機はともかく、現地ツアーはハードルが高いから別の機会に書きます(~_~;)

 

結局、何が言いたいかって

ツアーも個人もどっちもええとこあるってこと。

 

何がしたいか。しっかり見極めて下さい!

 

この話役に立つと嬉しいです❤️

 

って

こんな感じに強引に終わらします笑

てかリッチ旅しばらくしてへんなー(_ _).。o○

 

次はどんな記事にしよーか。

旅の思い出、真面目ば思想?

アイディア? 

 

気ままなスタイル貫こう♩

 

▼お知らせ

 ただいま私、保田パトリックは

旅を仕事にする活動をしています。

 

そして先日、「ジャーニリスト」という世界の情報をリアルタイムで集めるサービスを起業しました!

 

ただの旅が、人の役に立つ時代へ。

しかし、まだまだ知名度なんてものはなくこれから力をつけなければいけません。

 

そのために、クラウドファンディングとサービスを使ってあるプロジェクトを実行中です。

 

クラウドファンディングとは

アメリカでも流行ってる誰もが簡単に、プロジェクトを行う人を応援できるサービスです。

 

そして、今まさにあなたの力が必要なんです泣

まずはどんなプロジェクトか見てください。支援をしてくださった方にはリターンが受け取れるしくみとなっております。

 

camp-fire.jp

 

 

ホンマ、助けてください!!!!!